相続税



        相続の基礎知識

 相続は突然やってきます!
 相続が現実のものとなった場合、相続とは、ということ
 から、相続税はどの位必要か迄、幅広く検討する必要が
 あります。

 相続というものは誰しも一生のうち何回も経験するもの
 ではありません。
 当然戸惑うことも多く、知らなかことによる損得も発生
 します。
 何事でも、事前の対策が大切なことはよくある話です。
 特に節税をお考えの場合は、相続が現実になった後では、
 最早手遅れで、何の対策もできないのが現実です。
 余裕をもってご相談下さい。


相続税、節税手法の一例を、参考までにご案内します。
相続税の節税対策は、他にも沢山あります!
相続税を少しでも少なくしたいとお考えの方は、参考にして下さい。

            目   次
 相続とは
 相続手続きの流れ
 相続の対象となる財産 ならない財産
 遺産分割協議による相続
 遺言書による相続
 相続手続きの流れ
 相続の対象となる財産、ならない財産
 相続にはどのような方法があるか?
 遺産分割協議による相続
 遺言書による相続
 遺言書による相続
 相続手続きの流れ
 相続の対象となる財産、ならない財産
 相続にはどのような方法があるか?
 遺産分割協議による

 相曽とは
 相続手続きの流れ
 相続の対象となる財産、ならない財産
 相続にはどのような方法があるか?
 相続にはどのような方法があるか?
 遺産分割協議による相続
 遺言書による相続
 遺言書による相続
 相続手続きの流れ
 相続の対象となる財産、ならない財産
 相続にはどのような方法があるか?
 遺産分割協議による

 相曽とは
 相続手続きの流れ
 相続の対象となる財産、ならない財産
 相続にはどのような方法があるか?
 遺産分割協議による相続
 遺言書による相続
 遺言書による相続
 相続手続きの流れ
 相続の対象となる財産、ならない財産
 相続にはどのような方法があるか?
 遺産分割協議による

 相曽とは
 相続手続きの流れ
 相続の対象となる財産、ならない財産
 相続にはどのような方法があ
 相続にはどのような方法があ
 遺産分割協議による相続



 無料相談受付中です。

   平成30年相続法等改正!

  ・年老いた妻は自宅に住み続けられるか?
  ・遺産分割でも配偶者が優遇されるか
  ・銀行口座が凍結される前に預金の引き出しはできるか
  ・遺留分の算定方法が見直された
  ・相続人以外の親族が亡くなった方の面倒をみてきた  特別寄与
  ・私の父が姉のために建てた家は誰のもの
  ・面識のない腹違いの兄弟も相続人になるの  全血兄弟、半血兄弟
  ・連れ子の相続 一緒に暮らし
  ・浮気相手の子… 認知した婚外子がいる相続
  ・前妻の子から遺留分請求
  ・知らずに開けてしまった遺言書は無効か
  ・押印の無い遺言書は無効か
  ・二世帯住宅の土地の小規模宅地の特例は
  ・相続税の申告を忘れると特例が適用されないかも
    その他色々