トップページ

栗栖会計事務所は「経理」と「相続」の専門事務所です。

トピックス

  特 報 

<相続
 法、税、改正>と<経理の合理化>についてご案内いたします

 まず、①相続関係からご案内します。

 ◆
「相続法」は40年ぶり! 大改正!!
 「相続税」も大改正!     大増税!!


 続いて ②経理の合理化についてご案内しています。



 ①相続関係

   相続が現実のものとなったときは、税の問題だけではなく、相続法も
  どうなったのか知る必要があります。


  お奨め
   相続税対策は早い目に

    対策案は……沢山準備しています。
         着手が早い程、数多く手が打ててお得です。


    まずは、相談は無料です、早い目にお越しください。


 下記は、注目される相続に関する最新情報の一部です!                          
  • 「相 続」相続法はこの度40年ぶりに大改正されました。                      
  • ◎年老いた妻の居住権—配偶者居住権
  • ◎遺産分割でも配偶者が優遇される—持戻し免除
  • ◎遺産分割協議前でも預金の払い戻しができる—仮払制度
  • ◎銀行口座が凍結される前に預金をおろすことができる。—みなし遺産を基にした分割協議
  • ◎遺産分割制度は変わったのか—算定方法の見直しと遺留分侵害額請求権
  • ◎相続人以外の親族が亡くなられた方の面倒をみていた—特別寄与
  • ◎PCで自筆証書遺言を作成できる—自筆証書遺言の方式が緩和
  • ◎自筆証書遺言を誰れに預けますか—法務局での自筆証書遺言保管制度 



 ②経理の合理化
   
経理を合理化して、経費の削減をしませんか


 経理の合理化をご案内する前に、経理に関係する消費税について、少々解説します。

 消費税 複数税率!!…経理は極めて煩雑になりました。

 ◎令和1年10月より改正されました。
 ◎請求書の記載方法も大きく変わりました。… 法定です……必須です!。
 ◎経理処理も大改正されました。

   
  • 「消費税」は軽減税率制度が制定され、令和1年10月から変更となりました。             税率が品物によって「0%」、「8%」、「10%」と3分類され、大変複雑になりました。      お客様に対する対応に誤りの無い対応しなければなりません。
  • 「消費税対策」小売業者の方はレジの買い替えが必須です。…準備は完了しましたか




 経理は ”代行” の時代到来 しました
  • 「経 理」は専門知識を有する正社員が行う仕事の時代から進化して、既に「自動化」の時代に突入   しています。                                          時代に対応した経理はどうすればいいのか・・・お悩みの方はご相談下さい。             
  • 「働き方改革」の時代です。人材採用に苦労せず、更に事務経費を激減させる方法があります。     古い時代からの事務処理をいつまで引きずり続けますか。
  • 経理を合理化し、費用を軽減し、さらに人材難を解消しませんか?、やり方は経理の専門家である    税理士が責任持ってご指導します。                                既に実行されている経営者の方々は、一様に、こんないい方法があったのか、と感謝されています。   安心してご相談ください。
  • 「起業支援」「資金調達」「銀行対策」「企業成長戦略」等々もご相談下さい。             弊社は、経営革新等認定機関です……安心してご相談いただけます。 
  •  税法は勿論、会社経営のことなら何でも対応させて頂きます、ご相談ください。             


  • 会社が徳する 経理の合理化
  •  を進めませんか!
  •         お手伝いいたします。
  •  
  •        【 業務案内 】

     下記業務が、当事務所の主な業務となります。
     お気軽にご相談ください。



     記帳・経理の代行サ-ビス



     ここまでできる .
      経 理 の
      合 理 化

  •  近年、経理の仕事は「専門職」から最早「一般職」へ大きく変化しています。
     殆どの会社は、経理職員を募集する時、「簿記2級以上」とか「3級以上」と書かれています。
     つまり、給料の高い、専門資格者を募集しています。
     しかし、現実の実務で、その資格は必須でしょうか……確かに、無いより有った方が良いです   しかし、ながら現在の経理は、コンピュータの発達で手書きではなく、コンピュータへの入力が主    な仕事になっています。
     また、少しくらいの、経理の入力ミスについては、コンピ-タが教えてくれますし、また殆どの会社   では、会計事務所の税務監査を依頼しており、ミスは発見してもらっています。
     通常、依頼された顧問税理士は入力ミスが無いか、チェックしています。
     それがために顧問料を支払っています。
     つまり。税務監査を依頼していない会社は例外として、会社側に簿記知識を持つ正社員の専門職社員   は無くても何等問題ありません。
     例えば、消耗品費と雑費の処理間違いがあっても、会社成績を見る上で、何の影響もありません。
     後日専門家にチェックしてもらえば、それで十分です。



     記帳代行サ-ビス

      弊社の記帳代行サ-ビスは極めて簡単です。
      領収書、請求書、納品書等経理に必要な資料を郵送・宅配等で送ってくださ              お近くの方は、ご持参いただいて、勿論結構です。
      後は当事務所にお任かせください。
      月額 1,000円~の低料金でご利用頂けます。
      ご利用料金につきましては、各会社の資料の量や規模はそれぞれマチマチですので、一律に申し上    げることはできませんので、詳しくは希望される代行の内容をお聞きしながら、お見積り致します。
      また、弊社では、原則として、弊社の職員が、御社を直接訪問して、料金や代行の内容については、   その場で詳しくお話ししながら、ご提示させて頂きますので、ご安心頂けます。
  •   これからの時代は、コストが低く、経理能力の高い代行の時代です。
  •   つまり、”ズバリ” 経理の専門知識のある正社員は必要ありません。
      弊社から専門知識と十分な実務経験を有する担当者が訪問しますので、御社が必要とする経理      一人分、丸々でもその一部でも代行いたします。 
  •   ……何を代行して貰いたいかご希望をお聞かせください。                        
  •   御社では、採用が極めて楽で、賃金が低い、一般事務のできる程度の人で十分です。
      後は専門知識と経験豊富な人材が代行いたします。
      弊社の代行業務は、正社員の採用と異なり、ご希望の業務のみ、ご依頼頂けますので、それに      要する作業時間分のみの費用負担をお願いするビジネスですから、正社員のように社会保険料      負担付き、8時間ベッタリ勤務するものではありませんから、当然費用は少なく済みます。


      代行はこんなにお得 
       ◎ 夏冬、年2回の「ボ-ナス」の負担はありません。
      ◎ 毎年のように値上がりする「社会保険料」の負担も一切必要ありません。

       この2つが節約できる費用だけでも大変な金額ですよね


      人手不足の時代です   軽視できない提案です
      何時までも伝統的な、古いやり方を止め、手軽な代行による方法に切り換えませんか。
      経理の専門家である会計事務所直系の経理代行会社からの提案ですから、極めて安心です。



     経理代行サ-ビス 活用のメリット 


    優秀な人を
  •    採用していくら
  •  お金を掛け
  •           ても…
    経理の管理業務
     からは1円の
  •     利益も生ま
  •            れません!
     
    業績が伸びないのに経費だけが増加したのでは、
      生き残れない!


    御社の経理を
     劇的に合理
  •         化する方法
  •       教えます・
  • 弊社では、原則
     として、
    弊社の職員が
  •   御社を訪問し
  •  ご希望を
  •   お聞きし、打ち合わせし
  •   ながらご提
  •     させて頂き
  •        す。

     相談は無料です。
    現在契約中の会計事務所との顧問契約は継続して頂いて構いません。
    経理・記帳代行の部分のみのお引き受けもOKです。
               100%納得した上で、安心してご依頼下さい。




     毎月プロの経理担当者が御社を訪問して、低廉な費用で一人分の経理丸まる引受けます。
     どの範囲までお手伝いしたらよろしいでしょうか?。
     ここにご案内の「経理代行」は、上記記載の「記帳代行」と異なり、「請求書発行」や「伝票整理」な ど、幅広く経理事務全般をお手伝いするコ-スです。
     どの範囲まで代行して貰いたいか、御社で決めて下さい。
     弊社社員が、御社の事務所まで訪問して、細かいところまでご希望をお聞かせいただきます。
     十分納得した上で、ご契約下さい。







     
    相続・相続税
  •     申告サ-ビス
     
     
     
     「相続対策」とは、大別して、財産分け等の対策と「相続手続き対策」と相続税とれだけ必要なのか
  • という「相続税対策」に区分されます。
     
     
             (A)相続手続きの流れは?
                       ☟☟
                       ☟☟
     
    被相続人の死亡…(相続の開始)
         ☟
    相続人の確定
         ☟
    遺言書の有無の確認
         ☟
       財産の調査
         ☟
      遺産相続方法の決定 
         ☟

         ☟

         ☟
       財産の調査
         ☟
      遺産相続方法の決定
        (単純承認)
        (限定承認)
        (相続放棄)

    葬儀への対応

    死亡届の提出(7日以内)

    通夜・葬儀・初七日法要

    各種公的手続き 

    あいさつ回り・香典返し

    四十九日法要

    死亡届の提出(7日以内)

     葬儀への対応

    埋葬・仏壇の用意







        (B)被相続人の準確定申告(死亡4か月以内)    
                   ☟☟
                   ☟☟

 被相続人が生前に所得があった場合 …毎年の3月に行う所得税の確定申告に変えて4か月以内に
 死亡するまでの間の所得税の確定申告が必要となります。

 これを「準確定申告」と言います。…… うっかり忘れる危険があります。
                    税務署からは、事前に何の連絡もありません、                               しっかり予定しておきましう。


 「準確定申告」も受け承ります。  事前の準備が必要となります。
                        ——余裕をもって早目にお越しください。




    (C)相続財産の分割の話し合い

                     ☟☟
                     ☟☟
  
 ⦿ 遺言書がある場合  ・遺言執行者の選任を行います。
・遺言書の「検認手続き」を家庭裁判所にて行います。
・開封せずに家庭裁判所に提出しましょう。          
 ⦿ 遺言書がない場合   遺産分割協議をしましょう。
     ☟☟
話し合いがまとまったら、「遺産分割協議書」を作成しましょう。
     ☟☟
遺産分割を実現しましょう。
◎話し合いがまとまらなかった
 場合
 遺産分割の「調停」を裁判所に申し立てましう。
        ☟☟
遺産分割の調停が成立したら ☞ 遺産分割が成立します。
遺産分割の調停が不成立   ☞ 遺産分割審判を申請します。







        (D)相続税の申告と納付(死亡10か月以内)

                       ☟☟
                       ☟☟

        🔶被相続人(死亡した人)の住所地を管轄する税務署へ申告と納税をしましょう。
        🔶申告した税額が誤って少なく申告してしまたとか、多すぎた場合は、修正又は更正の
         請求をしましう。








     その他のサ-ビス

   弊所では上記でご案内の「経理の合理化」並びに「相続対策」以外
  に次の様なサ-ビスも承ています。


   決算申告サ-ビス




   会社設立代行サ-ビス





   税務顧問サ-ビス




   メ-ルお問合せ 






 〒642-0001
  和歌山県海南市船尾200
  ☎073-482-5006
      営業時間 午前 8:30 ~ 午後 5:30